水虫治療は市販薬では役不足!

水虫治療を考えているなら市販薬はやめた方がいいです。症状にもよりますがやはり効き目は処方薬の方が断然あります。処方薬は病院でしかもらえないと思っている方もいると思いますがそんなことはありません。

たむしも同じ水虫治療と飲み薬を使うパターン

水虫は足の部分など、蒸れやすい場所に症状が出やすい疾患です。これとは別に、たむしと呼ばれるものも存在します。太もも、股の部分にでき、赤い斑点が初めにあらわれ、徐々に円状に大きく広がっていきます。
水虫とたむしは別々の症状に見られがちですが、どちらも白癬菌という真菌が皮膚につくことによって発生します。ですから、水虫治療はたむし治療にも、同様の効果が得られるといえます。
水虫治療を行う際には、市販品の塗り薬やスプレー剤などで緩和されるケースがありますが、真菌による疾患ですので、そう簡単に治すことができません。家族などの人に移す恐れがありますので、症状がひどくなる前に、皮膚科にて水虫治療を開始することをおすすめします。
病院で水虫治療を行う前に、まずは顕微鏡を使って精密な検査を行います。白癬菌は目視で判断するのが難しいためです。水虫治療では、基本的に塗り薬が処方されます。足の水虫なら3ヶ月、太ももや股にできるたむしであれば、1ヶ月ほどで治せます。
問題なのが、爪にできる水虫です。かなり頑固な水虫のため、飲み薬を処方されることが多くあります。しかし、飲み薬による治療は、全ての人に実行できるものではありません。例えば、内臓の疾患を抱えていたり、他の飲み薬を使っていると、服用できない場合があります。この場合の爪水虫に対しては、塗り薬が処方されます。
爪の奥にできる水虫のため、塗り薬をそこまで浸透させる努力が必要になります。爪を短く切った状態で、塗り薬をつけ、その上から薬の蒸発を防ぐために、通気を遮断するビニール製のテープを巻くことで薬剤の効果を高めます。
近年では爪水虫に対しても効果の高い塗り薬が登場していますので、諦めずに治療を続けましょう。